会社案内

ご挨拶

保育園は子どもたちにとって
楽しい場所でなければならない。

私は常にそうあるべきだと考えています。
では、そうするためには何が必要なのか。

お子様一人一人が保護者の皆様にとってかけがえのない存在であるように、我々にとっても一人一人のお子様を尊重し、愛し、認めることが重要です。 例えば、運動が得意な子がいる。お絵かきが好きな子がいる。寝ることが好きな子もいて、食べることが好きな子もいる。これは誰にも否定することはできない個人の意志であり、認めるべき事柄です。大人の我々がその事を認めることで、子どもたちにとっての自信となり、「自己肯定感」が育ち、存在価値を見出し安定した生活が送れるのではないかと考えます。

そうして、子どもたちが安心して生活できると実感する環境が基盤となり、友達との関わり、大人との関り、自主性・自立性の獲得をし、「生きていく力」を養うことができるのだと考えています。
また、保育園では異年齢の子どもたちの関わり合いがあり、自分より小さい子を大切に思う気持ちや、自分より大きい子に対しての憧れを抱くことで、子どもたち同士の「育ちあい」も期待できます。
我々、保育士たちはそのサポートをし、子どもたちが初めて出会う社会となるであろう保育園として、子どもたちが明日も保育園に行くことが楽しみだと思える環境づくりを進めてまいります。

株式会社けやきキンダーサービス 代表取締役
保育士 幼稚園教諭 発達支援サポーター

PAGE TOP